美容外科 美容皮膚科 看護師 プロテーゼ 涙袋形成

MENU

プロテーゼによる涙袋形成

美容外科・美容皮膚科クリニックの看護師が知っておくべきプロテーゼによる涙袋形成のポイント

永久的に効果が持続するもののデメリットも

プロテーゼによる涙袋形成は、涙袋の部分にプロテーゼを入れて、涙袋を作る施術です。症例数も少ないので、まだあまり知られていない施術かもしれませんね。

 

手術方法としては、目尻または目頭側の下瞼を1〜2ミリ切開してプロテーゼを入れる空間を作り、そこにプロテーゼを入れていきます。

 

手術自体は簡単ですが、傷痕が顔の表面に出ているので、目立つ可能性があることがデメリットです。

 

また、触った感触がコリっとしていて、天然の涙袋とは全く異なるため、バレたくない方にもあまりお勧めできない施術ですね。

 

ただ、プロテーゼ挿入による涙袋形成は、1度行えば永久に効果が得られる為、その点では人気となっています。

 

よく比較されるヒアルロン酸注入による涙袋形成は、仕上がりの見た目も触り心地も自然で非常に良いのですが、費用が高いことや注入自体にかなり痛みを伴うことがネックです。

 

プロテーゼとヒアルロン酸のどちらを使っても、メリットとデメリットがあるので、看護師(あるいは美容カウンセラー)はそのあたりのことをきちんと理解し、お客さんに説明するようにしましょう。

プロテーゼによる涙袋形成の症例数はかなり少ない

涙袋プロテーゼは10代〜20代前半までの若い女性に人気で、それ以外の世代の患者さんはまずいません。

 

涙袋のヒアルロン酸注入を繰り返すうちに、面倒になってプロテーゼを入れたくなるというパターンが基本的には多いですね。

 

しかしながら、やはり触り心地により整形が一発でバレてしまうことと、傷痕が残るリスクを考えると躊躇してしまうお客さんが多い施術ではあります。

 

症例数は美容整形手術全体の中でも非常に少なく、年間10件もあれば多い方という美容外科クリニックが多いと思います。


 
涙袋形成の施術説明ポイント
相場料金 10万円〜40万円
持続期間 永久的
施術所要時間 45分〜1時間30分
ダウンタイム 腫れ・内出血がでる、大きく出た場合は治るまでに数週間かかる
通院有無 抜糸が必要な場合有り
入浴 術後3日後から可能
洗顔 翌日から可能
メイク 抜糸後または術後7日後より可能
 
給与が高くて条件の良い美容クリニックはドコにある?
美容クリニックの魅力は、日勤のみで残業も少なく、それでいて高給与なところ。美容外科や美容皮膚科クリニックに興味がある、条件の良い求人を探そうとしている看護師さんは、「美容クリニックに強い転職サイト」の利用がオススメです♪>>詳しくはコチラ
美容外科/美容皮膚科クリニックで働く看護師の情報を調べている。転職を前提に美容外科/美容皮膚科クリニックの好条件の求人を探している。転職したい美容外科/美容皮膚科クリニックが自分の中ですでに決まっている。

併せて読みたい記事一覧♪

【豊胸編・概要】
【豊胸編・ヒアルロン酸注入】
【豊胸編・豊胸バッグ挿入】
<参考>【豊胸編・豊胸バッグの種類】
【豊胸編・脂肪注入】
【目の整形編・概要】
【目の整形編・二重整形埋没法】
【目の整形編・二重整形全切開法】
【目の整形編・二重整形部分切開法】
【目の整形編・目頭切開】
【目の整形編・目尻切開】
【脂肪吸引編・概要】
【脂肪吸引編・オペ介助】
【脂肪吸引編・お腹周り】
【脂肪吸引編・太もも】
【脂肪吸引編・お尻】
【脂肪吸引編・二の腕】
【脂肪吸引編・顔】
【ヒアルロン酸編・概要】
【ヒアルロン酸編・オペ介助】
【ヒアルロン酸編・隆鼻術】
【ヒアルロン酸編・涙袋形成】
【ヒアルロン酸編・くぼみ目修正】
【ヒアルロン酸編・顎形成術】
【ヒアルロン酸編・シワ修正】
【ヒアルロン酸編・唇形成術】
【ヒアルロン酸編・豊胸術】
【ボトックス編・概要】
【ボトックス編・オペ介助】
【ボトックス編・シワ修正】
【ボトックス編・エラ整形】
【ボトックス編・脚痩せ】
【ボトックス編・多汗症治療】
【プロテーゼ編・概要】
【プロテーゼ編・オペ介助】
【プロテーゼ編・隆鼻術】
【プロテーゼ編・顎形成術】
【医療脱毛編・概要】
【医療脱毛編・オペ介助】
【医療脱毛編・顔】
【医療脱毛編・ヒゲ】
【医療脱毛編・ワキ】
【医療脱毛編・ボディ】
【医療脱毛編・VIO】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・概要】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・オペ介助】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・お腹】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・太もも】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・お尻】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・二の腕】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・顔】