美容外科 美容皮膚科 看護師 豊胸 オペ介助

MENU

美容外科クリニックの豊胸術と看護師の役割やオペ介助

これから美容クリニック、特に美容外科メインのクリニックに転職しようと考えている看護師さん向けに、クリニックで行われる代表的な美容整形手術「豊胸術」について解説をしていきます。

 

豊胸術自体のことや、豊胸のオペ介助について紹介していくので、自分が働く姿をイメージしながら読んでみてくださいね。

美容外科クリニックでおこなわれる豊胸術

豊胸術の概要

メインの豊胸術はヒアルロン酸注入/豊胸バッグ挿入/脂肪注入の3種類

美容外科クリニックの豊胸術は一般的に、次の3つに分かれます。

 

  • ヒアルロン酸注入
  • 豊胸バッグ挿入
  • 脂肪注入

 

この3つの方法にはそれぞれにメリット・デメリットがあり、患者さんのなりたいバストのイメージや予算に応じて施術方法は選択・決定されます。

 

施術方法については美容クリニックによって3種類とも取り扱っている場合もありますし、1〜2種類しか取り扱いのない場合もあり様々です。

 

そもそも、脂肪吸引の機械がないという美容クリニックも多いので、脂肪注入による豊胸は行っていないというクリニックも多いですね。

 

一番人気は豊胸バッグ挿入法

主な3つの施術のうち一番人気となっている施術は、豊胸バッグを使用した豊胸です。2番目に脂肪注入、3番目がヒアルロン酸を使った豊胸の順となります。

 

私も実際に豊胸手術をした患者さんを何十人も見てきましたが、やはり、長い目で見るとバッグ挿入による豊胸術が1番オススメです。

 

脂肪注入にもヒアルロン酸注入にも良いところはたくさんあるのですが、綺麗なバストが永久的に手に入るのはバッグ挿入であると私は考えています。

 

この3つの方法の違いや特徴については、次からのページで詳しく紹介していきますね。

 

豊胸を受ける年代は20代前半と30代の女性が多い

豊胸手術を受ける患者さんの年代は20代〜40代までの方が多く、50代以降の年齢層では一気に少なくなります。

 

とりわけ、20代前半の若い女性と、30代半ばの授乳後の女性が特に多いですね。お客さんの年代と施術件数を折れ線グラフで見ると、「M字型」の波を示すことが豊胸手術を行う年齢層の特徴です。

 

また、近年では性同一性障害の患者さんが豊胸術を希望される事も増えてきており、その結果、豊胸術においては男性の患者さんが年々尻上がりに増加してきている状況です。

 

テレビを見ていてもオネエ系タレントの活躍は誰もが認めるところであり、社会全体で見ても、性的少数派の方々への見方が柔軟になってきていますよね。

 

豊胸手術を決意するきっかけは様々だが、満足度は一番高い

患者さんが豊胸手術を決意する「きっかけ」としては、例えば、20代前半の若い女性であれば、単純に水着を綺麗に着こなしたい、モテたいなどが理由としては多いです。

 

また、30代半ばの授乳後の女性であれば、垂れてしまったバストにハリを取り戻したい、夫にもう1度興味を持ってもらいたい等の理由が最も多いですね。

 

豊胸術に患者さんが期待していることは、やはり、女性としての魅力のUPや男性へのアピール力向上です。世の中には小さいバストを好む男性もいらっしゃいますが、やはり豊かなバストは女性にとっても男性にとっても憧れの存在です。

 

バストが小さいことがコンプレックスで好きな服装ができなかったり、好みの男性がいても自信を持ってアプローチができなかったり…といった悩みを持つ女性は大変多いものです。

 

そんな女性が、憧れの豊かなバストを手に入れることを可能にするのが豊胸術です。実は、美容整形の数ある施術の中でも最も満足度が高い施術は、この豊胸術なのです。

 

この満足度の高さからも、バストUPが女性にもたらす外見への自信や内面的なプラスの効果がどれほどのものか、伺い知ることができますよね。

 

豊胸施術の件数は年間数十件、秋〜冬は件数が多くなる

最後に美容クリニックで行われる豊胸手術の件数は、一般的な美容クリニックで平均して年に20件〜70件ほどです。

 

豊胸術はその価格設定がクリニックによってかなり幅があることが大きな特徴です。高い価格設定のクリニックではやはり施術件数は伸びませんし、安い価格設定で行っているクリニックでは比較的症例数が伸びやすい傾向にあります。

 

時期としては夏の露出が多い時期に向けて、秋〜冬に施術を希望される方が増える傾向が高くなっています。

 

また、豊胸のみを専門で行っているクリニックでは年間の施術件数は500件以上にものぼります。こういったクリニックは主に都心部に存在しており、豊胸術に特化しているため技術も高く、症例数も多いことが特徴です。

 

転職を考えている看護師さんの中で、豊胸術に特に興味があるという方は、こういった専門のクリニックへの転職もおすすめですね。

 

 

 

ここまで美容クリニックの豊胸術について概要をまとめてみました。

 

次はいよいよ看護師が豊胸施術中にどんなオペ介助をしているのか、看護師の役割について詳しく紹介していこうと思います。

給与が高くて条件の良い美容クリニックはドコにある?
美容クリニックの魅力は、日勤のみで残業も少なく、それでいて高給与なところ。美容外科や美容皮膚科クリニックに興味がある、条件の良い求人を探そうとしている看護師さんは、「美容クリニックに強い転職サイト」の利用がオススメです♪>>詳しくはコチラ
美容外科/美容皮膚科クリニックで働く看護師の情報を調べている。転職を前提に美容外科/美容皮膚科クリニックの好条件の求人を探している。転職したい美容外科/美容皮膚科クリニックが自分の中ですでに決まっている。

併せて読みたい記事一覧♪

【豊胸編・ヒアルロン酸注入】
【豊胸編・豊胸バッグ挿入】
<参考>【豊胸編・豊胸バッグの種類】
【豊胸編・脂肪注入】
【目の整形編・概要】
【目の整形編・二重整形埋没法】
【目の整形編・二重整形全切開法】
【目の整形編・二重整形部分切開法】
【目の整形編・目頭切開】
【目の整形編・目尻切開】
【脂肪吸引編・概要】
【脂肪吸引編・オペ介助】
【脂肪吸引編・お腹周り】
【脂肪吸引編・太もも】
【脂肪吸引編・お尻】
【脂肪吸引編・二の腕】
【脂肪吸引編・顔】
【ヒアルロン酸編・概要】
【ヒアルロン酸編・オペ介助】
【ヒアルロン酸編・隆鼻術】
【ヒアルロン酸編・涙袋形成】
【ヒアルロン酸編・くぼみ目修正】
【ヒアルロン酸編・顎形成術】
【ヒアルロン酸編・シワ修正】
【ヒアルロン酸編・唇形成術】
【ヒアルロン酸編・豊胸術】
【ボトックス編・概要】
【ボトックス編・オペ介助】
【ボトックス編・シワ修正】
【ボトックス編・エラ整形】
【ボトックス編・脚痩せ】
【ボトックス編・多汗症治療】
【プロテーゼ編・概要】
【プロテーゼ編・オペ介助】
【プロテーゼ編・隆鼻術】
【プロテーゼ編・涙袋形成】
【プロテーゼ編・顎形成術】
【医療脱毛編・概要】
【医療脱毛編・オペ介助】
【医療脱毛編・顔】
【医療脱毛編・ヒゲ】
【医療脱毛編・ワキ】
【医療脱毛編・ボディ】
【医療脱毛編・VIO】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・概要】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・オペ介助】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・お腹】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・太もも】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・お尻】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・二の腕】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・顔】