美容外科 美容皮膚科 看護師 ボトックス

MENU

美容外科/美容皮膚科で使用するボトックス

美容外科/美容皮膚科で使用するボトックス

 

ボトックスとはボツリヌス菌からとれるタンパク質の1つです。

 

菌といっても少量であれば人体には無害ですし、安全性がきちんと確立された薬剤ですので安心して使用することができます。

 

さて、このボトックスには人間の神経伝達物質である”アセチルコリン”の働きを弱める働きがあります。アセチルコリンと言われても、何の事だかさっぱりわかりませんよね。

 

看護学校で習ったような?国家試験の時に勉強したような…?看護師さんの中には少し聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ボトックスを注射することによってアセチルコリンの働きを弱めると、その部分の筋肉の収縮を弱めたり、汗腺からの汗の分泌を抑えたりすることが可能です。

 

この働きを利用して美容外科・美容皮膚科クリニックでは、シワの治療や多汗症の治療などを行っています。


ボトックス治療が有効なシワ

例えば、シワの治療において、額、目尻、眉間などにできる表情ジワにはボトックス治療が有効です。

 

表情ジワは表情筋が動くことによってできるシワなので、その働きを少し弱めることで、シワを改善・予防することができます。

ボトックスとヒアルロン酸のシワ対応表
ボトックスが有効なシワ 額/目尻/眉間/口と鼻の間のシワ/顎のシワ
ヒアルロン酸が有効なシワ 法令線

 

少し難しいのですが、顔のシワの中でも、法令線はボトックスではなくヒアルロン酸治療の適応になります。

 

法令線は表情筋の働きではなく、加齢による頬のたるみが原因となっているシワですので、ボトックス注射よりもヒアルロン酸治療のほうが有効な治療法となります。

 

シワの種類によってボトックス注射が有効な場合と、ヒアルロン酸注入が有効な場合があるため、美容クリニックでは原因に応じて適切な治療が選択されています。

ボトックスやヒアルロン酸では対応できないケースも

顔にできる主なシワとゴルゴ線の由来

 

上記の表に掲載していないシワで、「ゴルゴ線(ゴルゴライン)」と呼ばれる目の下から頬にかけてできるシワがあります。これは加齢によるたるみが原因である場合と、筋肉の腱がある場所(靭帯)に原因がある場合の2種類があります。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)は、漫画【ゴルゴ13】の主人公であるデューク東郷の顔に描かれたシワに由来すると言われています。

 

あと「マリオネットライン」と呼ばれる口の横から顎にかけてできるシワも同じような感じです。

 

そういったシワの原因は患者さんによって微妙に違っていて、ヒアルロン酸でバシッと治療できる場合と靭帯をどうにかしないと治らない場合、たるみをリフトアップしないと治らない場合など、ケースバイケースで対処法が異なります。

 

そのため、治療法に関しては医師が患者さんごとに判断して治療方法を決めていきます。

 

ボトックスは表情ジワであれば多くのケースでよく効きますが、ヒアルロン酸は適応の判断が結構難しく、美容クリニックの医師によっては、ヒアルロン酸を法令線にしか注入しないと決めているケースもあります…^^;

 

もし靭帯が原因のシワに、間違ってヒアルロン酸を注入してしまうと、だんだん横に流れて、後々すごい変になってクレームになるケースがあるので最善の注意が必要ですね。


アラガン社製のボトックスが一番人気

美容クリニックで使用されているボトックスにはさまざまな種類のものがありますが、基本的な成分は同じです。メーカーによって成分や濃度などが多少異なってきます。

 

有名なものとしては、BOTOX VISTA(ボトックスビスタ)というアラガン社製の製品があり、日本では1番人気で、高い安全性と効果があるとされています。

 

その他にも多くのメーカーがボトックスを販売していますが、安全性や効果はピンキリとされており、市場価格もバラバラです。

給与が高くて条件の良い美容クリニックはドコにある?
美容クリニックの魅力は、日勤のみで残業も少なく、それでいて高給与なところ。美容外科や美容皮膚科クリニックに興味がある、条件の良い求人を探そうとしている看護師さんは、「美容クリニックに強い転職サイト」の利用がオススメです♪>>詳しくはコチラ
美容外科/美容皮膚科クリニックで働く看護師の情報を調べている。転職を前提に美容外科/美容皮膚科クリニックの好条件の求人を探している。転職したい美容外科/美容皮膚科クリニックが自分の中ですでに決まっている。

併せて読みたい記事一覧♪

【豊胸編・概要】
【豊胸編・ヒアルロン酸注入】
【豊胸編・豊胸バッグ挿入】
<参考>【豊胸編・豊胸バッグの種類】
【豊胸編・脂肪注入】
【目の整形編・概要】
【目の整形編・二重整形埋没法】
【目の整形編・二重整形全切開法】
【目の整形編・二重整形部分切開法】
【目の整形編・目頭切開】
【目の整形編・目尻切開】
【脂肪吸引編・概要】
【脂肪吸引編・オペ介助】
【脂肪吸引編・お腹周り】
【脂肪吸引編・太もも】
【脂肪吸引編・お尻】
【脂肪吸引編・二の腕】
【脂肪吸引編・顔】
【ヒアルロン酸編・概要】
【ヒアルロン酸編・オペ介助】
【ヒアルロン酸編・隆鼻術】
【ヒアルロン酸編・涙袋形成】
【ヒアルロン酸編・くぼみ目修正】
【ヒアルロン酸編・顎形成術】
【ヒアルロン酸編・シワ修正】
【ヒアルロン酸編・唇形成術】
【ヒアルロン酸編・豊胸術】
【ボトックス編・オペ介助】
【ボトックス編・シワ修正】
【ボトックス編・エラ整形】
【ボトックス編・脚痩せ】
【ボトックス編・多汗症治療】
【プロテーゼ編・概要】
【プロテーゼ編・オペ介助】
【プロテーゼ編・隆鼻術】
【プロテーゼ編・涙袋形成】
【プロテーゼ編・顎形成術】
【医療脱毛編・概要】
【医療脱毛編・オペ介助】
【医療脱毛編・顔】
【医療脱毛編・ヒゲ】
【医療脱毛編・ワキ】
【医療脱毛編・ボディ】
【医療脱毛編・VIO】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・概要】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・オペ介助】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・お腹】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・太もも】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・お尻】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・二の腕】
【メソセラピー(脂肪溶解注射)編・顔】