美容外科 美容皮膚科 クリニック 転職フェア 新宿

MENU

【後半】美容クリニック専門の転職フェア@新宿に参加!

2015年7月9日に開催された美容整形ジョブ主催の転職フェア@新宿。

 

このページでは前半の続きである転職フェアの後半部分:第二部のフリータイムからの参加レポートをお届けしたいと思います♪

 

前半部分をまだ読んでないという方は、【前半】美容クリニック専門の転職フェア@新宿に参加!から先にどうぞ♪

いよいよフェアの目玉!フリータイム

休憩の後はいよいよ今回のメインイベント、第二部のフリータイムです。

 

多くの看護師さんが、お目当てのクリニックを決めていたのか、一気にそれぞれのブースになだれ込みました。

 

一番人気は給与や福利厚生が手厚い湘南美容外科クリニックで、常に満席状態。KANAC美容クリニックも特典の効果か、全く入り込めませんでした(苦笑)

美容クリニック名をクリックすると、今回の転職フェアで配られていた求人の概要資料を紹介しているページに飛びます。以下、同様です。

 

私は、こちらの事前面談の記事で書いていたように、ブースを回る優先順位をあらかじめ決めていたので、席の空き具合を見ながら、椿クリニック、アリシアクリニック、みずのクリニック、タカミクリニックと順に満遍なく回っていきました。

 

はっきり見えた美容クリニックごとのカラー

プレゼンタイムでもクリニックの個性が出ていましたが、ブースごとにクリニックが分かれると、カラーがくっきり出ていて面白いです。ざっくりと写真付で紹介しちゃいますね。

 

湘南美容外科は看護師さんも若くて元気!

 

みずのクリニック(あおばクリニックグループ)はベースが保険診療にあったためか、一般病院の雰囲気もありとっつきやすい感じ。

 

タカミクリニックはエレガントで上質な雰囲気。ブースには「タカミ式」スキンケアお試しサンプルも…
美容クリニック専門転職フェアでのタカミクリニックのブース

 

タカミクリニックのブースで展示されていたタカミ式スキンケアサンプル

 

椿クリニックはアットホームな親しみやすい印象。
美容クリニック専門転職フェアでの椿クリニックのブース

 

アリシアクリニックは年齢層も幅があり懐の深さを感じさせる雰囲気。
アリシアクリニックのブースで紹介されていた美容看護師の1日仕事紹介

 

KANAC美容クリニックはプレゼンもそうでしたが、ユニークな被り物で目を引くなど「話が早い」感じ(笑)
美容クリニック専門転職フェアでのKANAC美容クリニックのブース

 

撤退中の写真ですが…(汗)

 

上記は私個人の主観ですが、自分にとって居心地のよい雰囲気はどこか?肌で感じてみると色々と見えてくるものがありました。

 

私の場合は、椿クリニックさんがなんとなく居心地がよく、スタッフの方とも通じるものを感じました。

 

ちなみに、椿クリニックさんとは、なぜか帰るタイミングも同じで、私服姿の看護師さんたちとヘアスタイルのことや雑談などをしながら途中までご一緒することに。

 

もしかするとご縁があるかも…(笑)

フリータイムで聞いた転職前に気になるポイント

未経験でもついていける?残業は?

いずれのブースでも出ていた質問は、

 

◆入職後、未経験でもついていけるのか?

 

◆残業は実際どれくらいしているか?

 

◆なぜ美容クリニックで働こうと思ったのか?

 

といったものです。

 

これらの質問への看護師さんの回答も次のように共通していました。

 

・教育体制が整っており、無理なくステップアップしていけるよう配慮している

 

残業はほぼ無い、あっても細かい単位(5〜15分単位等)で残業代をもらえる

 

美容に興味があったが看護もしたかったので、美容クリニックに就職した

 

その他にも、

 

・福利厚生がよく人間関係もよいので辞める人があまりいない

 

先輩が優しい(同じことを聞いてもいいよーと言ってくれる等)

 

・繁忙期はあるが(脱毛は夏前など)、一般病棟のようなバタバタはない

 

・一般病院のような侵襲のある処置がないので精神的にすごく楽になった

 

といったことも共通していました。

 

ちなみに、みずのクリニックでは研修期間中の2〜3ヶ月の間、地方出身者にはホテル代も支給されるとのこと。かなり手厚いですよね^^

 

また、残業が少ないので、看護師仲間に羨ましがられるといったコメントもありました。

 

やっぱり容姿!?思わず漏れた人事の本音…!

ニキビ治療で有名なタカミクリニック(ユニフォームも上品で可愛い!)のブースでは、「ニキビがあるのですが、それでも働けますか?」と質問があり、看護師さんは「見た目は関係ありません。ニキビがあるということで落ちることはなくて、働きたいという方であればOKですよ。」とおっしゃっていました。

 

 

…しかし、私は見てしまいました。

 

 

看護師さんが「見た目は関係ない」とおっしゃったのと同じタイミングで、人事の方が「やっぱり…」と言いかけて言葉を飲み込んだのを…!(私は人事の人の隣にいました。)

 

採用担当の人事としては、「できれば綺麗な肌、容姿の方が良い」という正直なところはあるようですね。

 

明言はされていないのですが、施術する看護師さんが綺麗な方がお客様に希望を与えることもあるわけで、似た経歴・同じぐらいのやる気の二人がいれば、容姿でジャッジされるのも仕方ないことかなと思います。

 

ただ、その看護師さんが続けて「もしニキビがあっても入職してから綺麗になれるので、心配しなくても大丈夫ですよ」と優しくお話を続け、人事の方も「もともとお客様だった方でスタッフになった人が2名います」と添えられました。

 

採用担当としては、「容姿は第一ではないが、端麗な方が採用しやすい」というところでしょうね。

 

美容クリニック面接では何を見られるの?

これもタカミクリニックの話ですが、面接時に何を見られるかという質問に対し、人事の方より「面接には22個のチェック項目があり、内容は企業秘密ですが、お互いに幸せになれると思われる人を採用しています」との回答がありました。

 

他の美容クリニックは、「やる気・ガッツ」、「美容への興味」は共通で、湘南美容外科クリニックではプラスで「お客様のために情熱を持って、というクリニックの理念にあっているか」、「ハキハキとした体育会系の人物像が好まれる」だそうです。

 

湘南美容外科のプレゼンのとき、朝礼で理念や目標を共有した後、ハイタッチで業務スタートするというお話もあったので、湘南美容外科クリニックは体育会系出身の人が馴染みやすい雰囲気なのかもしれませんね。

 

また、特徴的な二次面接で有名なのが、みずのクリニック。何をするかというと、面接時に脱毛用のレーザーを紙に実際に照射する体験をします。

 

「それはセンスなどがチェックされるのでしょうか?」と聞いたところ、適性を見るのではなく機器や施術に親しんでもらうという意味合いだそうです(看護師さん談)。

 

定年や年齢制限、向き不向きは?

スタッフの年齢については、キャリアアドバイザーさんから聞いていた通り、どのクリニックも特に年齢制限は設けていないとのお答えでした。

 

定年についての質問は、定年は特にない、あるいは65歳までといった回答でした(KANACさんは聞けず)。

 

タカミクリニックでは23歳から39歳(マネージャー)の看護師が働いていて、過去には50歳の看護師もいたそうです。

 

ただし、アドバイザーさんによると、今回参加の6クリニックのうち、アリシアクリニック以外は、アラフォーでは書類選考は困難だそうです。

 

そのアリシアクリニックは、ベテランと思われる主任看護師さん(採用担当されているそうです)が、「看護師の経験より社会人としてのスキルの方が重要」と断言されていました。そのため、アリシアクリニックでは年齢が高いことはハンデではないのですね。むしろ社会人としての成熟度はプラスになるようです。

 

あと、今回の転職フェアには出展していないですが、シロノクリニックや六本木のノアージュという美容クリニックも、年齢はある程度重ねていてもOKということでした。

 

ただ、脱毛の施術で腰に負担がかかりやすい体勢をとることが多いので、腰痛持ちだとちょっと難しいかもしれません、とのことでした。

 

一般病院と美容クリニック、実際にどんなギャップを感じた?

「一般病院と美容クリニックは全く違う」と繰り返されていた、湘南美容外科の看護師さんに「どのようなことが違いましたか」と質問してみました。

 

「オペ前にバイタルをとることは同じだけど、例えば6時間絶食してもらうはずが、”忘れてさっきマック食べちゃいました〜”というお客様に、一般病院だと”ダメじゃないですか!”と言ってしまったりするけどそれはNG。やんわり丸く受け答えしないといけません」とのこと。

 

事前面談でキャリアアドバイザーさんがおっしゃっていた通り、「患者様ではなくお客様」という違いが、かなり大きいようです。

 

このギャップについてはとにかくよく聞きますし、退職の主たる原因ともなっているので、参加者は一応頭では了解している様子。

 

ただ、実際に体験してみないと、実感が沸かないのかもしれませんね、、、

 

美容看護師さんの喫煙率は?

みずのクリニックのブースでたまたま喫煙率の話が出たのでご紹介。

 

15人中3〜4人が喫煙者だそうです。特別多くも少なくもない、といった感じでしょうか。偶然なのか、私が以前勤めていた病棟と同じくらいの割合でした。

 

他のクリニックさんでも聞いてみたかったのですが、タイムオーバーになりました。

 

質問が出ずに間延びすることもありましたが、その場合も、美容看護師さんが「よく聞かれることは○○ですが〜」「さっき質問されたことですが〜」と話してくださるので、質問が途切れても手持ち無沙汰になることなく有意義に過ごせました。

 

ただ、やはり自分で質問をメモしておき、看護師さんや人事の方に突っ込んだ方がリアルな情報が引き出せます。

 

どんな質問にも真摯に応えてくださるので(もちろん、ハラスメントにならない常識的な範囲で)、これからフェアに参加される方は、自分で本当に聞きたいことを用意して参加するイイですよ^^

終わりに…美容看護師さんの心の栄養は「美しくなること、させること!」

どの美容クリニックの看護師さんも「美容クリニックに来て良かったのは、自分も綺麗になれたこと!」と笑顔でおっしゃっていました。

 

自ら施術の練習台になったり、スキンケアに気を使うようになり、またお客様から見られているという意識から、自然と美しさに磨きがかかるようです。

 

やりがいを感じるのは、「お客様が綺麗になった時」。

 

その話をする時の看護師さんからは、パッと輝く笑顔がこぼれるのが印象的でした。皆さん、本当に美容が好きなのですね!

 

美に関心の高い看護師さんなら、自分も綺麗になれ、人が綺麗になったことでやりがいや元気を頂ける現場、ということが伝わってきました。

 

感じたのは、美容クリニックの看護師さんが思った以上に親しみやすく、優しい、ということ。美容クリニックに抱いていた敷居の高いイメージが払拭されました。

 

ただ、これは今回参加していた6クリニックに言えることです。

 

ちなみに私は、別の転職エージェントから「美容クリニックは、一般的にサービス残業が多くクレーム処理で苦労している。休みも取りづらい。その3つの理由で看護師さんの退職が多い」といった話を聞いたことがあります。他の美容クリニックでは、そうした厳しい現場もあるので、これから転職を考える看護師さんは注意ですね。

 

その点、美容整形ジョブでは、コンプライアンス面での不安要素はクリアされているように思いますが、転職フェアでさらに現場の看護師さんに確認できるとさらに安心しました。

 

フェアの開催地が東京と大阪、あとは福岡(2015年9月16日に初開催)、名古屋(2016年12月2日に初開催)と、場所が限られているのは残念ですが、美容も看護もやりたい!という方は、ぜひ直に美容看護師さんと話すことのできるこうしたフェアに参加してみるとイイと思います。

 

より自分がクリニックで働いているイメージがわくと思いますよ♪

 

看護師さんが、転職でより充実したライフスタイルを築けるよう、陰ながらお祈りしています!(私も頑張ります^^)

 

2016年からは転職フェアよりも小規模な「美ジョブキャラバン!」という出張形式の転職説明イベントを全国主要都市(静岡・札幌・仙台・広島・福岡など)で開催しています。これまで遠くてフェアに行けなかった看護師さんも参加しやすくなっていますね。※東京・大阪では以前と変わらず転職フェアを開催。


美容看護師転職フェア番外編:美ジョブキャラバン!

 

次回の美容クリニック専門転職フェアの開催日程は、美容整形ジョブの公式サイトから確認してみてください♪

 

美容整形ジョブの公式サイトから面談の申請や転職フェアのスケジュールを確認してみる!

 

帰り際、アンケートやエントリーシートの回収中の光景…
美容クリニック専門看護師転職フェアの受付にてアンケートやエントリーシートの回収中の光景

 

30Fの転職フェア会場からの風景…
美容クリニック専門看護師転職フェア会場からの外の風景

給与が高くて条件の良い美容クリニックはドコにある?
美容クリニックの魅力は、日勤のみで残業も少なく、それでいて高給与なところ。美容外科や美容皮膚科クリニックに興味がある、条件の良い求人を探そうとしている看護師さんは、「美容クリニックに強い転職サイト」の利用がオススメです♪>>詳しくはコチラ
美容外科/美容皮膚科クリニックで働く看護師の情報を調べている。転職を前提に美容外科/美容皮膚科クリニックの好条件の求人を探している。転職したい美容外科/美容皮膚科クリニックが自分の中ですでに決まっている。