美容クリニック 看護師求人転職サイト 注意点

MENU

Step2:条件・待遇の良い美容看護師の求人を探す(6/9記事)

6:転職サイトを利用する4つの注意点

転職するメリットは前のページで書いた通りですが、逆にメリットがあればデメリットもあるんじゃないの?って心配する人もいると思うので、私が感じたデメリットや注意点を紹介しておきたいと思います。

 

看護師専門転職サイトを利用するデメリットや注意点

小規模なクリニックの求人は見つかりづらい

これは次のサイト利用料が掛からない理由とも密接に関連しているのですが、転職サイトへの紹介手数料を支払えるだけの資金的な体力がないクリニックの場合は、転職サイトに求人登録がされていないケースがあります。そのため地域密着で医師1人+看護師2人というような規模が小さい美容クリニックの求人を探すのであれば、人からの紹介など自力で見つけることも必要になります。

イマイチな担当者に当たると転職活動が進まない

転職コンサルタントにも仕事ができる人とできない人がいます。不運にも仕事ができないイマイチな担当者に当たってしまうと、レスポンスが悪かったり、1つの求人案件しか紹介してくれなかったり、日勤のクリニックを希望していますというだけで対応がいきなり悪くなったりということがあり、自分が望む転職活動が思うように進みません。その場合は転職コンサルタントに変更してもらうか、別の転職サイトに切り替えるかして対応しましょう。転職コンサルタントの変更については、遠慮せずにどんどん言った方が良いです。また、専用の「変更受付窓口」がある転職サイトもあるので、それを利用すれば角が立ちません。

多くの転職サイトに登録すると対応に疲れる

転職サイトを利用することは無料ですし、1度の情報入力で複数の転職サイトに一括登録できるサイトもあるので、一度にたくさんの転職サイトに登録してしまう看護師さんがいます。確かに複数利用することは、求人の比較ができたり転職コンサルタントの比較ができるのでオススメなのですが、多過ぎるとそれはそれで対応に疲れます。こちらから希望条件を伝えた後は電話やメールでのやり取りがメインになるのですが、たくさん求人情報のメールがきたり、着信が入ったりするので、誰がどこの人だったか混乱するケースも。転職サイトはメインの転職サイト1つ、サブの転職サイトを1〜2つ、合計で3つぐらいに絞ることをオススメします。

多数の転職サイト利用で評価が悪くなることも

複数の転職サイトを利用すると各サイトの転職コンサルタントは、あなたの希望条件に合った美容クリニックに対して、求人の空き情報の確認を一斉に行います。個人が特定されない範囲で「奈良出身の20代後半の看護師さんで、以前は関西の一般病棟で2年間オペ室経験アリの方がいるんですが、そちらの美容外科クリニックの求人枠はまだ空いてますか?」というような感じです。あなたが伝える希望条件は転職サイトごとに大きく変わらないでしょうから、転職コンサルタントが連絡する先の美容クリニックがカブることもあります。そうなると、美容クリニックの採用担当者には同じ看護師(恐らく同じだと思われる看護師)に関する問い合わせが何度も別の転職サイトから入ることになってしまうのです。そうなると採用担当者側から「そういう浮気性の人はいざ内定通知を出しても他の所にフラフラと行っちゃうのでは?」と思われてしまい、美容クリニック側の心象が悪くなってしまう可能性があります。複数の転職サイトを利用しているという理由だけで、書類選考や面接に進めなくなるケースもあるので、転職サイトは多くても3つ程度までに絞った方が良いと思います。

 

 

次は看護師専門の転職サイトの利用料が掛からないワケを解説

 

7:サイト利用料が掛からない理由

Step2:条件・待遇の良い美容看護師の求人を探す(6/9記事)

給与が高くて条件の良い美容クリニックはドコにある?
美容クリニックの魅力は、日勤のみで残業も少なく、それでいて高給与なところ。美容外科や美容皮膚科クリニックに興味がある、条件の良い求人を探そうとしている看護師さんは、「美容クリニックに強い転職サイト」の利用がオススメです♪>>詳しくはコチラ
美容外科/美容皮膚科クリニックで働く看護師の情報を調べている。転職を前提に美容外科/美容皮膚科クリニックの好条件の求人を探している。転職したい美容外科/美容皮膚科クリニックが自分の中ですでに決まっている。