美容クリニック 一般病院 保険診療クリニック 転職

MENU

美容クリニックから保険診療の医療機関への再転職

美容クリニックに転職することをためらう看護師さんの理由の1つに、美容クリニックから一般病棟や保険診療のクリニックに再就職することが難しいと言われていることがあります。

 

しかし、結論から言うと、美容クリニックに勤務していたからといって、一般病棟や保険診療のクリニックで勤務ができないわけではありません。

 

そのあたりの理由や解決策などを詳しく説明していきたいと思います。

美容クリニックに長く在籍すると何がネックになる?

まず、なぜ冒頭のような話が出てくるのか?についてですが、大きな理由としては、美容クリニックで行われている看護業務は、看護業務であって看護業務ではない、とみなされている点です。

 

どういうことかというと、保険診療のクリニックなどは、保険診療に関わる仕事としての看護業務を、看護業務とみなすためです。

 

言い方を変えると、自由診療の看護業務は看護業務ではなく、臨床経験としてカウントされないことになります。

 

この根拠は、看護学校で自由診療分野のことは一切習わないということがあります。看護学校で習わないことは看護業務ではない、確かにそう言えなくはないですね。

 

これをベースに考えると、美容クリニックで例えば5年間勤務したということであれば、5年間のブランクとなってしまいます。美容クリニックでの勤務年数がそのままブランク年数になるということですね。

 

そして、もっと話をややこしくしている点が、定義としては美容クリニックの5年間はブランクとなりますが、そうでないことを「お互いに知っている」ことです。

 

つまり、看護師はブランクだとは思っていないことがほとんどですし、保険診療のクリニックでも、ブランクではないと思っています。

 

ただ、看護師としての感覚は自由診療と保険診療が異なっているため、一緒とも言えないのです。これがブランクという表現になっています。

 

こうやって考えていくと、逆にブランクよりもタチが悪いのです。純粋なブランクであれば、看護師は謙虚になりますし、採用側もブランクを理解して採用することで、慎重に研修を行っていきます。

 

お互いにそうなれないことが、最も大きなネックかもしれません。

何年美容クリニックで勤務すると、再就職が難しくなる?

これは一概に何年とは言えません。よくブランクの時には、看護師としての経験年数とブランク年数が一緒までは大丈夫、と言います。

 

つまり、5年間の看護師経験があるのであれば、ブランクは5年まで大丈夫ということです。もちろん、あくまで目安でしかありませんが…

 

美容クリニックの場合も同じようなことが言えますが、1つの目安としては5年以上の美容クリニック経験があると、美容クリニックの感覚にどっぷりと浸っていると思われる傾向があるので、美容クリニックに対して理解ある職場でないと難しいという点があります。

 

ただ、勘違いしないで欲しいのは、絶対に採用されないわけではないということです。

 

正確に言うと、一般病棟であれば採用はしてもらえるケースが多いです。ただ、厳しい目で見られる可能性が高いということです。

 

一般病棟の試用期間は気がつくと終わっているというのが一般的ですが、試用期間内に契約解除もあります。

 

また保険診療のクリニックに関しては、美容クリニックに対する院長の考えが全てですね。悪い印象を持っていると採用にならないケースがほとんどです。

 

もし転職したい保険診療のクリニックがあるのであれば、いったん病院などに就職し、それから数年後に希望する方が無難ですね。

美容クリニックからスムーズに転職するためには…

答えは簡単です。美容クリニックの看護師はこうだから採用したくない、と思っている点がないと思わせれば良いのです。

 

では、美容クリニックの看護師に対して、どのような印象があるのでしょうか?並べると、気が強い、華やかなところが好き、目立ちたがり、権利の主張が強い、などですね。そもそもこういった看護師を採用したくありませんよね。

 

ただ、これは勝手に医師や採用担当者が思っているだけですので、そうでないと思わせれば、全く問題ありません。

 

例えば、面接時の話し方を穏やかにゆっくり話をするという方法があります。テキパキとした方が良いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、テキパキには気が強そうと見える要素があります。

 

つまり、テキパキと受け答えすることで、やはり美容クリニックの看護師は気が強そうだな、というイメージを持たれてしまいます。すると、その他のマイナス要素も備わっているように見えてしまうのです。

 

もちろん、美容クリニックの看護師に対して、例えば仕事ができる看護師が多い、と良い印象を持っている医師や採用担当者もいます。そういったところでは、美容クリニックの特徴を連想させるような対応をすれば良いです。

 

こういった使い分けを相手によってしっかりと行うことで、美容クリニックからの再就職を問題なく行うことができます。

美容クリニックからの再就職は転職サイトを活用する方が良い?

ここまでの説明の中で大切なポイントは、医師や採用担当者が美容クリニックで働く看護師に対してどう思っているか、をまず知ること。

 

そして、美容クリニックに対して良いイメージを持っていないのであれば、美容クリニックのイメージに一致していないと思わせれば良いと述べました。

 

こういったことを行うためには、医師や採用担当者が美容クリニックで勤務していた看護師に対して、良い印象なのか悪い印象なのかを知ることが重要なのです。

 

それを知ることができる方法として最も簡単なのが、転職サイトを利用することです。

 

転職サイトでは、面接依頼をする際に、看護師のエントリーシートを匿名で医療機関に提出するケースが多いです。そして、その印象を医師や採用担当者から聞きます。

 

ここで間違いなく美容クリニック経験に対する印象や発言が出てきます。それを転職コンサルタントに教えてもらえば良いのです。

 

こうすることで、バッチリ面接対策を行うことができるというわけですね^^

給与が高くて条件の良い美容クリニックはドコにある?
美容クリニックの魅力は、日勤のみで残業も少なく、それでいて高給与なところ。美容外科や美容皮膚科クリニックに興味がある、条件の良い求人を探そうとしている看護師さんは、「美容クリニックに強い転職サイト」の利用がオススメです♪>>詳しくはコチラ
美容外科/美容皮膚科クリニックで働く看護師の情報を調べている。転職を前提に美容外科/美容皮膚科クリニックの好条件の求人を探している。転職したい美容外科/美容皮膚科クリニックが自分の中ですでに決まっている。