美容外科 美容皮膚科 看護師 採血

MENU

私が注射(採血・点滴)のブランクを克服した体験談

苦手な注射(採血・点滴)を克服した美容看護師

 

私が復職するにあたって、採血への不安を払拭するのに非常に助かったのが「シミュレーターでの練習」です。

 

興味のある方は、各都道府県の看護協会に是非問い合わせてみてください。東京都の場合は、立川のナースプラザで、マンツーマンで練習させてもらえました。

 

予約制ですので、必ず事前にナースプラザ(に該当する施設)に電話して、予約をとりましょう。

 

通常90分枠2名参加で行っているそうです。私の時は、申込者が私1人だけだったので、気兼ねなく好きなだけやらせてもらえました^^


ナースプラザでのシミュレーター練習

当日、まずはDVDで採血について注意点や施行の手順について学びます。その後、シミュレーターを使って講師の方の見本を見学し、その後実習をします。

 

立川ナースプラザの採血シミュレーター

 

シリンジでの採血はもちろん、真空管採血、サーフローも練習できました。90分の時間内であれば、何度でもやらせてもらえます。

 

この時、服装は普段着でOKです。ただし、血液に見立てた赤い着色料が付いた水が飛んだりすることがあるので、汚れても構わない格好がよいとのことでした。

 

より現場の雰囲気で実習したいという方は、ナース服に着替えて取り組むのもいいと思います。

さらに具体的な実習は、復職支援研修で

後日、3日間の復職支援研修にも参加したのですが、この研修では採血だけでなく、輸液の管理、輸液ポンプ、シリンジポンプも練習できました。

 

看護師復職支援研修で使った輸液ポンプやシリンジポンプ

 

こうした都道府県の復職支援では、美容外科や美容皮膚科クリニックへの就職斡旋は行われていないのですが、看護師であれば研修は受けられます。

 

実技だけでなく、感染予防や医療を取り巻く政策、薬の知識など、看護の現場に必要な知識を網羅できるので、美容クリニックへの就職希望の看護師さんにも、この研修は非常にオススメです。

 

また、これらの実習は、最新の物品を扱わせてもらえるので、現場に即した練習が可能です。

 

受けてみて感じたことは、「意外と身体は覚えているものだなぁ〜」ということ。講師の方にも、「安心してみていられるわ。」とお墨付きを頂き、かなり安心しました^^

 

また、このような復職研修は、たいてい無料で受けられます。

 

看護師の復職は、国をあげてバックアップされており、税金が当てられているためです。研修内容の質、講師の質もかなり高く、人気があるため早めの申し込みが肝心です。

 

国民の税金で学ばせてもらえるんですから、存分に練習しスキルを磨いて是非現場に活かし、国民の皆さんに還元しましょうね!

採血失敗!

こうして、シミュレーターでの練習を経て、美容クリニック復職するまでの間に、まずは採血のアルバイトからスタートしました。

 

最初は、とある検診センターでの採血のアルバイトでした。

 

シミュレーターでの復習や実技を経て、「これなら大丈夫」と安心してバイト先にむかったところ、そのセンターの雰囲気のピリピリしていることといったら…入ってビックリ!

 

センターの看護師さんの「一回刺してダメだったら変わります。クレームになりますから」という説明に、にわかに緊張が走りました。

 

いざ、患者さんを前にし、一人、二人と採血をしていったところで、全く取りにくくない太くて弾力のある血管の方で採血を失敗してしまいました。

 

直接の原因は、真空管採血のホルダーの固定の甘さ。途中で針が抜けてしまったのです。

 

しかし、今から思うと、その場の雰囲気に大きく影響を受けていたように思います。

手が震えるのは自分だけじゃない!

横で同じく採血に当たっていた看護師さんが「なんであんな血管で失敗するの?」と一言・・・

 

私自身、これまで経験したことのない失敗をしてしまったことに、ドーンと落ち込みました。すると、急に採血をする手が震え始め、採血が怖くなってしまいました(涙)。

 

その日は結局血圧測定に回ることになり、本当に落ち込みました。「もう採血のアルバイトも無理かもしれない、復職も無理かもしれない」と悲しくなりました。

 

採血のアルバイトは、その時点で幾つか登録してしまっていたため、自宅で家族の腕を借りてイメージトレーニングをしたり、ネットで手の震えを克服した人の体験談を読んだりしました。

 

それでわかったことは、「手が震える人ってたくさんいるんだ!」ということ。そして、手の震えは克服できるものなんだ、ということでした。

 

私だけじゃないんだなと思った時、とてもホッとしたことを覚えています。その後、別な検診会社のアルバイトで、ブレイクスルーがありました。

先輩看護師さんの「大丈夫よ!!」の温かい一言

目黒区のとある検診施設のアルバイトでした。

 

すっかり採血に自信をなくした私は、採血のアルバイトをやめようと思っていたものの、もう取り消しができない時期になっていたため、前夜に家族の腕で何度もイメトレし教科書を読み返し、現場に行ってみました。

 

いざ検診施設に行ってみると、その現場がなんとも温かい…。

 

笑顔で冗談を言い合いながら、せっせと設営していて、「今日は人数が少ないので、のんびりやってください。」と。なんだかリラックスしてきました。

 

同じくアルバイトでこられていた血圧測定担当の看護師さんの横に並び、私は採血の準備をしていました。

 

その看護師さんに、「あの、実は数日前に採血業務に復帰したばかりで、うまくできなかったんです。もし難しそうだったら交代していただけないでしょうか?」と恐る恐る聞いてみました。

 

「もちろんいいよ〜!だけど、大丈夫よ大丈夫!!私も実は、復帰直後全然ダメだったのよ。クリニックで全然採血できなくてすっかり落ち込んで。でも、そこの看護師さんに同じように”大丈夫よ〜”って言われてね(笑)。もともとできていたんなら、本当に大丈夫よ!」

 

その一言に、と〜っても大きな安心をいただいたのです。実際に苦手を克服した人の直接の言葉は説得力が違いますね。

 

不思議とその後の採血は、一人目は手が震えたものの、二人目、三人目と採血するうちに肝が据わってきて、以前のように程よい緊張感を持ちつつ、堂々と採血できるようになりました。

 

採血・注射で手の震えが止まらず、失敗と自信喪失で苦労した私ですが、この日を境に手の震えが消え、徐々に正確性も出てきて、1時間に20人の採血ができるようになりました。

ブランク有&年齢高めの看護師さんは事前練習がオススメ

教育制度の整っている美容外科・美容皮膚科クリニックでは、技術的な面でのバックアップも厚いところが多いです。

 

採血・注射の練習に腕を貸してくれる先輩もたくさんいるので、現場に出てから技術面を磨いていく、というのも一つのやり方です。

 

ですが、やはり先輩やお客様に負担をかけてしまうこともあるので、現場に出る前にこうしたシミュレーターでの練習や、復職支援研修への参加、家族の腕を借りてのイメトレなどの自己練習をしておくと安心と思います。

 

私の場合、転職の際に、高めの年齢でブランクが有るという点でクリニック側が難色を示していましたが、これらの経緯を説明すると安心してくれ、業務に前向きに取り組む姿勢としてかえって評価された、ということがありました。

 

高年齢やブランクはマイナスポイントになりがちですが、過ごし方によってはアピールポイントにすることができる、ということを知ってもらえたらと思います。

ブレイクスルーは必ず起こる!

つい先日、クリニックで採血がとても上手だった先輩と話す機会があり、どうやって技術を磨かれたのか聞いてみました。

 

「いや、私すごく採血が苦手だったのよ。下手すぎてお客様に頭を叩かれたこともあったくらいなの(笑)

 

でも、なんでかな、その後、急に感触をつかんだ瞬間があって、それ以来採血が大得意に変わったの。誰にでも、そういう時があるんじゃないかな。」

 

採血や注射の技術に不安がある看護師さんは少なくありませんが、それぞれにブレイクスルーポイントが必ずあります。

 

そして、基本的な手技かつ専門性が問われる採血さえクリアできれば大きな自信となり、美容クリニックに限らず看護師としての転職や復職の可能性も広がります。

 

(逆に言うと、採血に自信がないために、仕事の幅を狭めてしまっている看護師さんも意外と多いのです)

 

現場の先輩、指導係の看護師さんは、採血や注射が苦手なスタッフがいたら、まずはリラックスさせてあげてください。

 

それが美容クリニックへのリピーターを増やしたり、スタッフの働きやすさや離職率を下げることにもつながると思います。私も、そういう先輩であれたらと思います。

 

お客さんにとって痛みの伴う採血・注射ですが、できるだけ負担のないよう、確かな技術で安心してもらえるよう、しっかりスキルを磨いていきましょう!

 

私と同様に採血を克服して、1人でも多くの看護師さんが美容看護師として進んでもらえればと思います。そして、この記事がそのきっかけの一つになれば嬉しく思います。^^

給与が高くて条件の良い美容クリニックはドコにある?
美容クリニックの魅力は、日勤のみで残業も少なく、それでいて高給与なところ。美容外科や美容皮膚科クリニックに興味がある、条件の良い求人を探そうとしている看護師さんは、「美容クリニックに強い転職サイト」の利用がオススメです♪>>詳しくはコチラ
美容外科/美容皮膚科クリニックで働く看護師の情報を調べている。転職を前提に美容外科/美容皮膚科クリニックの好条件の求人を探している。転職したい美容外科/美容皮膚科クリニックが自分の中ですでに決まっている。