医師 美容皮膚科クリニック 看護師求人 転職

MENU

【Case4】医師主導で運営する美容皮膚科クリニック

 

企業が運営する美容皮膚科クリニックへの看護師転職の記事では、接遇マナーの厳しさや高いコミュニケーション能力が求められるといった企業が運営する美容皮膚科クリニックの特徴や、応募する時に看護師さんが気をつけるべきポイントを解説しました。

 

今回は、企業ではなく「医師が主導して運営している美容皮膚科クリニック」についてです。

 

美容皮膚科クリニックは、どちらかというとこのページで紹介する医師主導のケースが多いです。

 

つまり、大手として全国展開しているのではなく、中小規模で本部がクリニックになっていて、理事長もしくは院長が診察や施術を担当しているという感じです。

 

企業が運営する美容皮膚科クリニックとの違いを中心に説明したいと思います。

「医師が主導して運営している美容皮膚科クリニック」というのは、例えば

  • 赤坂ビューティークリニック
  • 自由が丘クリニック
  • 広尾皮フ科クリニック

などがこのカテゴリーに入ります。

このページは、2社の看護師転職サイト(人材紹介会社)に約8年間勤務されていた、元転職コンサルタントの鈴木さんに、管理人がお願いをして記事を書いてもらっています。

保険診療も行っているところが多い

一般的には「美容と付くと自由診療」というイメージがあると思います。確かに美容はプラスアルファの診察ではありますが、例えば肌荒れを治しても綺麗になります。

 

ということは、肌荒れや火傷、蕁麻疹などに関しても、その治療を一般皮膚科ではなく美容皮膚科で受けたいという方もいるのです。

 

実際問題としては、美容皮膚科でも皮膚科でも、保険診療を行っているところであれば、同じような治療になります。それでも、美容皮膚科という標榜がある方が綺麗になるような気持ちになるお客さんもいます。

 

また、美容皮膚科をいつも利用しているのであれば、お肌のトラブルもついでに診てもらえる方が信頼できるし安心感がある、という利用者も多いです。つまり、美容皮膚科には一般皮膚科の需要もあるということです。

 

他にも形成外科も一緒に行っているところもあります。イボの除去なども保険診療で美容皮膚科で対応してもらえる、というのが利用者からするとありがたいのです。

 

このように、美容皮膚科といっても、医師主導のところでは自由診療だけでなく保険診療も行っているところが多いです。お肌のトラブルから美の追求まで、お客さんの状態や要望に合わせた診察・治療・施術を行っているというわけです。

美容皮膚科と一般皮膚科の仕事の割合に注意

看護師にとってはメリットもあればデメリットもあります。

 

まず、メリットの部分としては、美容クリニックというのは自由診療という特殊な分野になるため、長年勤務すると、保険診療の病院やクリニックの感覚に馴染めなくなることがあり、保険診療の病院やクリニックから採用されにくくなるケースがあります。

 

保険診療も行っている美容皮膚科メインの美容クリニックであれば、その心配もないですね。

 

デメリットの部分で言うと、転職先によっては美容皮膚科の診察が少ないケースがあります。利用者がどういった認識で、どういった治療を求めているかによるところがありますので、保険診療も行っている場合に、保険診療をメインとして捉えられているケースがあるのです。

 

つまり、美容皮膚科で仕事がしたかったのに、一般皮膚科での仕事になっている、ということがあります。この点は、転職前にきちんと確認しておく必要がありますね。

医師主導の美容皮膚科は給与が安めの傾向がある!?

医師主導の美容皮膚科は、美容外科や企業主導の美容皮膚科と比べると、給与が安くなる傾向があります。これは単純に収益性の違いです。

 

上記で保険診療の話をしましたが、保険診療の良い点というのは、安定性が増すという点です。診察代・治療代が患者さんは3割負担で良いため、患者さんの確保はできます。当然残りの7割分も収入として入ってきますが、それでも自由診療の単価と比べると安いです。

 

そして、その高いとされる自由診療の施術に関しても、美容外科の整形手術などと比べると単価が安くなります。つまり、保険診療をおこなうことで自由診療よりも単価が下がり、更に美容外科の自由診療よりも自由診療分野の単価が低くなるということが言えるのです。

 

これが看護師の給料に反映されてしまいます。なので、保険診療の一般クリニックの給料よりは高い、しかし、自由診療バリバリの美容外科よりも給料は低い、といった設定になっているところが多いですね。

 

その代わり、保険診療があることで、安定した患者さんの確保に繋がるため、給料の増減も少ないです。「増」が少ないのはデメリットかもしれませんが、例えばインセンティブのカットであったり、賞与のカットであったりが少ないです。

 

安定した給与というのは、長く仕事を続けていく上で重要なことですので、その点にメリットを感じて転職を希望される看護師さんは多いですね。

 

転職コンサルタントとして相談を受けていた時も、最初は美容外科志望だった看護師さんが美容皮膚科志望に切り替えるというケースは珍しくありませんでした。

求人は大量募集が少なくピンポイントが多い

医師主導の美容皮膚科は、中小規模であることが多く、求人も少なめであることが特徴です。よって、大量募集もほとんどないですし、常時求人を掲載しているところも少ないです。

 

医師主導の美容皮膚科に興味を持ったのであれば、どうやって求人を見つけるかということが大切になってくるのですが、自分で求人サイトをチェックするのにも限界があります。働きながら転職活動をする場合はなおさらです。

 

それに、大々的に求人が出ている医師主導の美容皮膚科は、すぐに応募者が殺到することも多いです。やっと出てきた求人ということで、待ってましたとばかりに応募する看護師が多いためです。

 

その中で採用されるのは至難の業ですよね。なので、転職サイトを活用し、大々的に求人が出る前に案内してもらうという方法がベターです。

 

医師主導の美容皮膚科は、面接も医師が行うことが多いため、あまり数多くの面接はやりたくないし時間が無いという事情があります。診察や治療を行っている中で、面接もとなると負担が大きいためです。

 

よって、求人サイトに掲載する前に、転職サイトに依頼をすることも結構あります。そういった求人を、一般に公開される前に案内してもらえれば(いわゆる非公開求人)、ライバルが少ないので採用される可能性が高くなりますよ。

給与が高くて条件の良い美容クリニックはドコにある?
美容クリニックの魅力は、日勤のみで残業も少なく、それでいて高給与なところ。美容外科や美容皮膚科クリニックに興味がある、条件の良い求人を探そうとしている看護師さんは、「美容クリニックに強い転職サイト」の利用がオススメです♪>>詳しくはコチラ
美容外科/美容皮膚科クリニックで働く看護師の情報を調べている。転職を前提に美容外科/美容皮膚科クリニックの好条件の求人を探している。転職したい美容外科/美容皮膚科クリニックが自分の中ですでに決まっている。

医師主導で運営する美容皮膚科クリニック一覧

 

赤坂ビューティークリニックの看護師求人のポイントや書類審査・面接にあたってのアドバイスなどを元:転職コンサルタントが解説しています。

 
 

自由が丘クリニックの看護師求人のポイントや書類審査・面接にあたってのアドバイスなどを元:転職コンサルタントが解説しています。