美容クリニック スタッフ 役割

MENU

美容クリニックで働く看護師や医師を除くスタッフの役割

美容外科・美容皮膚科クリニックには医師と看護師は当然いますが、それだけではありません。

 

病棟ほどの大所帯ではありませんが、一般のクリニックと比べるとかなりの職員スタッフが在籍しています。

 

そして、各々のスタッフに役割があり、医師や看護師と連携しながら業務に当たることで、美容クリニックの運営が成り立っています。

 

以下で紹介する全ての職種が、全ての美容クリニックに在籍しているわけではありませんが、メインとなる職種を紹介したいと思います。

スタッフ・職種一覧
    【1】美容クラーク
    【2】受付カウンセラー
    【3】看護アシスタント
    【4】看護助手(ナースエイド)
    【5】ビューティーオペレーター
    【6】フロアアテンダント
    【7】クリーンスタッフ

美容クリニックで働く看護師の役割や、1日の仕事の流れについては、以下のページで紹介しているので良かったら参考にしてください。
美容外科/美容皮膚科クリニックでの看護師の役割や仕事内容は?
美容クリニックで働く看護師の1日の仕事の流れ

【1】美容クラーク

美容クラークというのは、簡単に言うとカウンセラーです。また、美容クラークのアシスタントも存在します。

 

つまり、見習いがアシスタントとして活動し、その中でカウンセリングができるようになった時に、美容クラークとして本格的に仕事ができるようになります。

 

美容クラークの役割というのは非常に重要で、少し研修を受ければ大丈夫、という仕事ではありません。

 

美容クラークは美容クリニックにとって、看板的な存在になります。もちろんメインの看板は、美容クリニックの医師(院長)になりますが、入口にある最初に目に入る看板が美容クラークというわけですね。

 

つまり、お客さんがその美容クリニックで施術を受けるかどうかを決める存在が美容クラークになるのです。

 

お客さんは自分自身の悩みを美容クラークに相談し、その中でどういった施術を行っていくかを決定するのですが、それ程専門的な話を美容クラークに求めているわけではありません。

 

自分自身の悩みを受け入れてくれて、この人/この美容クリニックに任せたら悩みが解決しそう、安心して任せられそう、という感覚をお客さんに持ってもらうことが大切になってきます。

 

【2】受付カウンセラー

受付カウンセラーは美容クラークと仕事内容は似ています。小規模な美容クリニックになってくると、一緒になっていることもありますね。

 

両方を置いている美容クリニックで違う点というのは、受付カウンセラーはあくまで受付ですので、個人個人の悩みを聞くというのではなく、システムや会計の説明、美容クリニックを受けることに対する不安を和らげることが仕事になります。

 

不安が解消されないとカウンセリングに進まないため、重要な仕事と言えますね。

 

【3】看護アシスタント

美容クリニックでは、看護助手というよりも看護アシスタントと言います。業界的に、メインがいてそれに到達していない見習いをアシスタントという位置付けにするのです。

 

本来の意味で言うと、看護師は免許が必要なものであって、アシスタントが看護業務を行うようにはなれません。なので、本来的な使い方としては間違っているように思いますが、これはイメージ戦略の1つですね。

 

看護アシスタントは、オペ機材の洗浄であったり、ベッドメイキングなどが主な業務になります。その他にも掃除や雑務などもこなす「なんでも屋さん」ですね。

 

ただ、だからといって楽なわけでも適当にやっていい訳でもありません。医療行為や看護業務にあたる部分以外は行う可能性があるためです。

 

忙しい時には何でも手伝えるようになっておくことが重要で、これだけ仕事ができれば大丈夫、ではなく常に出来ることを増やしていく必要があると思います。

 

【4】看護助手(ナースエイド)

看護助手(ナースエイド)は、上記で説明した看護アシスタントと同じような役割で、クリニックによっては看護助手やナースエイドという名称になっています。

 

使い分けとしては、大規模な大手美容クリニックだと看護アシスタント、小規模な個人経営の美容クリニックだと看護助手(ナースエイド)という名称が使われていることが多いように思います。

 

つまり、より一般のクリニックに近いところが看護助手(ナースエイド)という呼び方をする傾向があります。

 

仕事内容としては、看護師のサポート業務をメインに、機材器械の準備や洗浄、ベッドメイキングなどです。

 

看護助手とはなっていますが、看護師以外のサポートを行うこともあります。

 

【5】ビューティーオペレーター

ビューティーオペレーターとは、簡単に言うとコールセンターのような感じですね。お客さんからの電話問合せに対して、適切な対処をするのが仕事です。

 

最初に話をする人になりますので、対応によってお客さんになることもあれば、そうならないこともある大切な役割です。

 

また、施術を受けた後の問い合わせや、場合によってはクレーム対応も発生します。

 

全てを1人で行うわけではありませんが、とにかく初動が大切なので、冷静に対応することが大切になってきます。

 

【6】フロアアテンダント

簡単に言うと、付き添い人ですね。ホテルでチェックインをすると、荷物も持ってくれて部屋まで案内してくれますよね。そういった仕事です。

 

この職種のみ独立して設置されている美容クリニックは少なく、芸能人や外国人の方をお客さんに持つ六本木にあるような超高級美容クリニックだとフロアアテンダントがいるケースがあります。

 

一般の美容クリニックの場合は、いないところの方が圧倒的に多いですね。いない場合は美容クラークが兼務していることも多いです。

 

【7】クリーンスタッフ

クリーンスタッフはその名の通りですが、掃除を行う清掃員です。

 

ただ、掃除を行うのも美容クリニックの場合はお客さんに気を遣いながら、邪魔になったり気分を害することがないように行っていくことが大切です。

 

クリーンスタッフにも気配りの精神は必要で、「接客」に関しては、クリーンスタッフも含めた全職種が身につけておく必要があると思います。

全ての職種は独立しておらず兼務になる可能性も高い

上記の職種を見ていただくと、全ての職種が独立しているものではないことが分かります。

 

美容クリニックの規模によっては兼務になっている職種もありますし、名前が変わっただけというケースもあります。

 

美容クリニックでおこなう仕事を、その内容に着目して簡単にまとめると、受付・会計⇒案内⇒カウンセリング⇒施術ということになります。これをどういった形の職種で分担していくのかという違いですね。

 

やり方や進め方によってお客さんの満足度が変わってくるので、慎重に方針を決めていく院長も多いです。

 

中には、美容クリニックの役割分担も含めた新規立ち上げを、コンサルティングするような会社すらあります。

 

これから美容クリニックへの転職を考えている看護師さんは、自分が採用された場合、どの範囲までの仕事を受け持つのか、面接の時に必ず確認するようにしましょう。

 

きちんと確認していても、面接時に確認したことと実際の内容が違ったということもあるので、応募前あるいは面接前に転職サイトのコンサルタントに確認してもらうのもアリです。

 

転職サイトの利用は無料なので有効活用してみると良いと思いますよ^^

給与が高くて条件の良い美容クリニックはドコにある?
美容クリニックの魅力は、日勤のみで残業も少なく、それでいて高給与なところ。美容外科や美容皮膚科クリニックに興味がある、条件の良い求人を探そうとしている看護師さんは、「美容クリニックに強い転職サイト」の利用がオススメです♪>>詳しくはコチラ
美容外科/美容皮膚科クリニックで働く看護師の情報を調べている。転職を前提に美容外科/美容皮膚科クリニックの好条件の求人を探している。転職したい美容外科/美容皮膚科クリニックが自分の中ですでに決まっている。

併せて読みたい記事一覧♪

美容外科ってどういうところ?
美容皮膚科ってどういうところ?
美容クリニックで働く看護師の1日の仕事の流れ
美容クリニックの福利厚生まとめ【連休・有給・手当・社割】
美容クリニックの看護師に営業ノルマはあるの?
美容クリニックにあるインセンティブって何?
【3つの具体事例】営業ノルマとインセンティブ
美容クリニックの営業ノルマとの向きあい方
ノルマ無し求人でもノルマ有り!?求人情報を読み解くコツ
美容クリニックの営業ノルマに関する管理人まとめ
容姿や体型に自信が無いけど大丈夫?
お化粧や身だしなみはどの程度まで気を使う?
年齢が若くなくても転職できる?年齢別攻略法
美容クリニックの求人票に年齢制限がある理由
年齢だけで看護師を不採用にする美容クリニック側の事情
働く看護師は肌が綺麗で端整な顔立ちじゃないとダメ?
美容看護師に向いている人はどんな人?
美容クリニックに転職すると「美力」がアップする?!
美容看護師に求められる『ホスピタリティ』ってナニ?
オペ室/美容未経験・ブランク有り(注射・採血・点滴が苦手)
新卒(臨床経験3ヶ月〜1年未満)でも美容外科・美容皮膚科クリニックで働ける?
美容外科クリニックでオペ室経験を問う理由
子持ちママさんナース・シングルマザーでも働ける?
美容クリニックは【生】にフォーカスする現場
男性看護師でも美容外科や美容皮膚科クリニックで働ける?
美容クリニックにおける男性看護師の仕事内容や役割
美容クリニックの男性看護師求人探しと応募にあたっての心構え
美容クリニックで扱う専門知識はどうやって学ぶの?
身に付くスキルやスキルアップにつながる資格
美容クリニックの看護師研修・委員会・勉強会事情
美容看護師のキャリアアップや将来性は?
美容クリニックでは定年まで働ける?
美容クリニックへの転職後に感じる5つのギャップ
美容看護師の離職率と転職後に後悔・失敗・辞めたいと感じる理由
美容クリニックへの転職後に感じやすい不安や違和感
【浜崎あゆみになりたい…】美容外科/美容皮膚科へのクレーム(1)
【警察を呼ぶ整形依存症患者】美容外科/美容皮膚科へのクレーム(2)
【裁判沙汰になった主婦からのクレーム】美容外科/美容皮膚科へのクレーム(3)
【1mmの誤差も許さない二重手術】美容クリニックに来た困った患者さん(1)
【一般の感覚とズレている芸能人】美容クリニックに来た困った患者さん(2)
【実際に起こったちょっと怖い事件簿】美容クリニックに来た困った患者さん(3)
【繰り返される脂肪吸引】美容クリニックに来た困った患者さん(4)
【遅刻・コスメ持ち帰り・高圧的】美容クリニックに来た困った患者さん(5)
【70代男性が美容医療を希望したワケ】美容クリニックでの心に残る患者さん(1)
【30代男性が刺青(タトゥー)を消したい理由が泣ける】美容クリニックでの心に残る患者さん(2)
【美容クリニックに通う未成年】美容クリニックでの心に残る患者さん(3)