美容外科 看護師 オペ室経験

MENU

美容外科クリニックでオペ室経験を問う理由

美容クリニックでの勤務、特に美容外科での勤務に関しては、オペ室の経験があった方が良いとか、必須と言われていることがあります。

 

しかし、美容クリニックのことは看護学校では一切教わりません。自由診療の美容クリニックと、保険診療の病院は全くの別物として捉えられているのです。

 

つまり、いくら病棟でのオペ室の経験があったとしても、必ずしも美容クリニックで即戦力になれるわけではありません。よって、オペ室経験そのもの自体は、それ程大切なものではないのです。

 

強いて言えば、オペ室というものを知っている、というくらいのものですね。まずはこのことを知ってもらった上で、オペ室の経験について説明したいと思います。

採用後のミスマッチを事前に防ぐため

美容クリニックにオペ経験が求められるのは、ミスマッチを防ぐという意図が含まれています。

 

どういうことかというと、オペ室の仕事というのは、特殊な分野になっていて、体力の消耗が激しい仕事です。これをしっかりと把握しているかしていないかで、美容クリニックに適応できるかどうかが大きく変わってくることがあります。

 

美容クリニックのオペ室の仕事のイメージがとりあえずあれば、採用する時点で大きなミスマッチはありません。

 

しかし、オペ室をイメージできていないと、入職した上でこんな仕事だとは思わなかった、こんなにしんどいとは思わなかった、となるのです。

 

そういったことが、最もお互いの時間のロスになりますよね。面接の時に「大変ですけど耐えられますか?」と聞いて、「耐えられません」と答える人はまずいません。つまり、面接時にちゃんと説明しても、あまり意味がないのです。

 

言葉で説明することよりも、オペ室の経験があります、という方が、ある程度理解できているな、というのが分かるため、安心して採用することができるというわけです。

ということはオペ室の経験がなくても大丈夫なの?

結論から言うと、オペ室の経験がないと採用されない、ということはありません。

 

ただ、美容クリニック側が安心して採用するために、オペ室経験者と未経験者であれば、オペ室経験者を採用する可能性は高くなりますよ、という感じです。

 

しかし、オペ室を経験している看護師というのは、それほど多くいるわけではないので、そこまで心配する必要はないと思いますよ。

 

自分にオペ室の経験がないことはどうしようもありませんが、オペ室で勤務している友人がいる場合は、オペ室についての話を聞いておくことは良いと思います。こういったことが、より真剣に考えていることにも繋がるため、面接時の印象も良くなります。

 

また、志望動機などもしっかりと見直し、姿勢や言葉遣いも良いとされるものを研究することで、採用に近づけることができます。

 

自分にできる対策を行うことが、結果的に採用される近道になります。

数ヶ月のオペ室経験はメリットになる?

少なくともメリットがあるという状態になるのは1年以上の経験ですね。それ以外だと、かじった程度になってしまいます。もし言う必要がないのであれば、あまり言わない方が良いかもしれません。

 

というのも、短期間でオペ室の勤務を辞めているとなると、オペ室の勤務が向いているかどうかということに、疑問符がついてしまうためです。

 

意図的に隠すというわけではありませんが、さらっと話をしたりする感じで、あまりアピール材料として利用しない方が良いですね。

美容クリニックはどこでもオペ介助はあるの?

美容クリニック全てにオペ介助があるわけではありませんが、美容外科となると基本的にオペがあると思った方が良いです。

 

美容クリニックは美容外科と美容皮膚科に分かれますが、かなりザックリ言うと美容外科はオペ介助、美容皮膚科はレーザー治療、というイメージです。

 

また、美容外科クリニックであれば全てのクリニックで大きなオペをしているかというと、これもそうではありません。

 

大きなオペ、例えば豊胸手術や脂肪吸引などはどの美容外科でも行っているわけではありません。ある程度大手の美容外科になります。

 

このように大手と小規模でも対応している施術が違ってくるので、自分自身がやりたい仕事内容と照らし合わせて考えていくと良いと思います。

オペ室経験についてのまとめ

美容クリニックでは、オペ室の経験はあった方が良いですが、それはオペ室についての正しいイメージがあるからです。

 

言い方を変えると、オペ室についてきちんと把握することができれば、オペ室の経験がなくても良いのです。

 

オペ室は美容外科とは切ることができないものです。必須というわけではありませんが、美容外科を目指すのであれば、オペ室の経験をしておいて損はないと思います。

給与が高くて条件の良い美容クリニックはドコにある?
美容クリニックの魅力は、日勤のみで残業も少なく、それでいて高給与なところ。美容外科や美容皮膚科クリニックに興味がある、条件の良い求人を探そうとしている看護師さんは、「美容クリニックに強い転職サイト」の利用がオススメです♪>>詳しくはコチラ
美容外科/美容皮膚科クリニックで働く看護師の情報を調べている。転職を前提に美容外科/美容皮膚科クリニックの好条件の求人を探している。転職したい美容外科/美容皮膚科クリニックが自分の中ですでに決まっている。

併せて読みたい記事一覧♪

美容外科ってどういうところ?
美容皮膚科ってどういうところ?
美容クリニックで働く看護師の1日の仕事の流れ
美容クリニックで働くスタッフの役割を解説
美容クリニックの福利厚生まとめ【連休・有給・手当・社割】
美容クリニックの看護師に営業ノルマはあるの?
美容クリニックにあるインセンティブって何?
【3つの具体事例】営業ノルマとインセンティブ
美容クリニックの営業ノルマとの向きあい方
ノルマ無し求人でもノルマ有り!?求人情報を読み解くコツ
美容クリニックの営業ノルマに関する管理人まとめ
容姿や体型に自信が無いけど大丈夫?
お化粧や身だしなみはどの程度まで気を使う?
年齢が若くなくても転職できる?年齢別攻略法
美容クリニックの求人票に年齢制限がある理由
年齢だけで看護師を不採用にする美容クリニック側の事情
働く看護師は肌が綺麗で端整な顔立ちじゃないとダメ?
美容看護師に向いている人はどんな人?
美容クリニックに転職すると「美力」がアップする?!
美容看護師に求められる『ホスピタリティ』ってナニ?
オペ室/美容未経験・ブランク有り(注射・採血・点滴が苦手)
新卒(臨床経験3ヶ月〜1年未満)でも美容外科・美容皮膚科クリニックで働ける?
子持ちママさんナース・シングルマザーでも働ける?
美容クリニックは【生】にフォーカスする現場
男性看護師でも美容外科や美容皮膚科クリニックで働ける?
美容クリニックにおける男性看護師の仕事内容や役割
美容クリニックの男性看護師求人探しと応募にあたっての心構え
身に付くスキルやスキルアップにつながる資格
美容クリニックの外部研修や講習会ってどんな感じ?
美容クリニックの看護師研修・委員会・勉強会事情
美容看護師のキャリアアップや将来性は?
美容クリニックでは定年まで働ける?
美容クリニックへの転職後に感じる5つのギャップ
美容看護師の離職率と転職後に後悔・失敗・辞めたいと感じる理由
美容クリニックへの転職後に感じやすい不安や違和感
【浜崎あゆみになりたい…】美容外科/美容皮膚科へのクレーム(1)
【警察を呼ぶ整形依存症患者】美容外科/美容皮膚科へのクレーム(2)
【裁判沙汰になった主婦からのクレーム】美容外科/美容皮膚科へのクレーム(3)
【1mmの誤差も許さない二重手術】美容クリニックに来た困った患者さん(1)
【一般の感覚とズレている芸能人】美容クリニックに来た困った患者さん(2)
【実際に起こったちょっと怖い事件簿】美容クリニックに来た困った患者さん(3)
【繰り返される脂肪吸引】美容クリニックに来た困った患者さん(4)
【遅刻・コスメ持ち帰り・高圧的】美容クリニックに来た困った患者さん(5)
【70代男性が美容医療を希望したワケ】美容クリニックでの心に残る患者さん(1)
【30代男性が刺青(タトゥー)を消したい理由が泣ける】美容クリニックでの心に残る患者さん(2)
【美容クリニックに通う未成年】美容クリニックでの心に残る患者さん(3)