美容クリニック 看護師 不安

MENU

美容看護師が転職後に感じやすい不安や違和感

不安を感じる美容看護師

 

美容クリニックに転職したものの、やはり一般病棟との違いから不安を感じる看護師さんは多いです。

 

中には頑張って転職活動をしたものの、短期間で離職してしまう人もそれなりにいます。

 

ここでは美容看護師になる前に知っておいて欲しい、不安や違和感を感じやすいポイントについて紹介していきたいと思います。

 

転職前に知っておくことで、入職後のミスマッチを防ぐことにつながれば嬉しいです。


【1】売上主義に慣れない

美容クリニックは病棟のように必要な看護を提供すれば良いだけではなく、営利を求めなければならない場面もでてきます。

 

病棟では朝のカンファレンスや申し送りで、患者さんの状態についてや看護計画について話したりしますよね。

 

一方、美容クリニックでは、まず売上目標や現在の売上などを全員で共有します。

 

例えば、今月の売上目標額は◎千万円、現時点での売上◎百万円、残りの営業日で割ると一日あたりの目標金額は◎万円。

 

本日入っている予約の予定売上は◎万円のため、あと◎万円を上乗せしていかないと、ここままだと売上目標を達成できない、といった感じです。

 

そのため目標達成のために、看護師も施術の際に別の施術をおすすめしたり、オプションを提案する必要がある場合もあります。

 

一般病棟が長い看護師さんの中には、お金を介するやりとりをする事に違和感を感じて辞めたいと思う方もいます。

 

看護師は病棟で働いていると、コストや営利を1番に求められる事はないため、自分の目指す看護師像とのズレが生じるのかもしれません・・・

【2】美容看護師の将来が不安

美容クリニックは一般的な看護師業務とは違うため、疾患のある患者さんを看る力は身につきません。

 

そのため『美容看護師は看護師ではない』と言う人がいるのも事実。もっとキツく言えば、『病棟看護から逃げた』と解釈される場合もあるようです(病棟採用の担当者談)

 

そして、看護師が転職する際に、美容の経歴は看護師歴にカウントしないという病院も多くあります。

 

実際に美容看護師歴が長くなればなる程、一般論として通常の病棟看護師に戻るのは難しくなると思います。

 

それは知識・技術面からもそうですし、採用側からすればこの間まで病棟で働いていた即戦力が欲しい訳です(このあたりは皆さんもよく分かりますよね^^;)

 

そういった現実や将来を不安に感じて、美容看護師から離れる方もいらっしゃいます。

【3】やっぱり一般看護が好き

美容看護師は疾患を看るわけではないので、看護師の中では特殊な分野です。

 

看護師を目指すにあたって、多くの方は病気の方に関わって、その治療の手助けをしたいという思いが、最初にあったのではないかと思います。

 

美容クリニックで相手をするのは、患者様ではなくお客様。

 

やっぱり患者様の手助けをして、一般的な看護師業務に関わりたいと、改めて思い直して転職する方もいます。

やりがいを持って働いている美容看護師もたくさんいる

ここまで入職後に感じるかもしれない不安点(違和感)を紹介しました。

 

ご自身の目指す先とのミスマッチを少しでも防ぐお手伝いになればと思いますが、人によってはこの記事を読んで美容看護師になることをためらってしまう人もいると思います。

 

ですが、知っておいて欲しいのは、(私も含めて)美容看護師として長く働き続けて、やりがいをもっている人もたくさんいるということ。

 

美容クリニックに限らず、どんな職場にも人によって良い面・悪い面はあるわけで、全ての人にとって100%全てが良い職場というのはあり得ません。

 

Aさんには良くてもBさんには良くない、といったことは世の中にたくさんありますし、時間の経過によってその人の考え方が変わることもよくあります。

 

  • 入職前はいまいち自分には合わないと思っていたけど、いざ働き出してみると仕事の面白さが分かってきた
  • 入職前は自分に合っていると思ったけど、実際にやってみるとちょっと違った
  • 入職してこれまで楽しくやりがいを持って働いていたけど、自分の考えが変わって違う方向にチャレンジしたくなってきた

 

全てあり得る話ですよね!?

 

何事も経験してみないと人の話を聞いただけでは分かりません。自分にとっては実際どうなのか?、本当の意味で分からないこともたくさんあります。

 

やらずに後悔するよりも、やって後悔した方が、自分の人生が”前”に進みます。

 

今後、40代・50代になった時に、『あの時、美容看護師にチャレンジしてみればよかった・・・』と思っても遅いのです。

 

ぜひ後悔のない人生(転職)を歩んでほしいと私は思っています。

給与が高くて条件の良い美容クリニックはドコにある?
美容クリニックの魅力は、日勤のみで残業も少なく、それでいて高給与なところ。美容外科や美容皮膚科クリニックに興味がある、条件の良い求人を探そうとしている看護師さんは、「美容クリニックに強い転職サイト」の利用がオススメです♪>>詳しくはコチラ
美容外科/美容皮膚科クリニックで働く看護師の情報を調べている。転職を前提に美容外科/美容皮膚科クリニックの好条件の求人を探している。転職したい美容外科/美容皮膚科クリニックが自分の中ですでに決まっている。

併せて読みたい記事一覧♪

美容外科ってどういうところ?
美容皮膚科ってどういうところ?
美容クリニックで働く看護師の1日の仕事の流れ
美容クリニックで働くスタッフの役割を解説
美容クリニックの福利厚生まとめ【連休・有給・手当・社割】
美容クリニックの看護師に営業ノルマはあるの?
美容クリニックにあるインセンティブって何?
【3つの具体事例】営業ノルマとインセンティブ
美容クリニックの営業ノルマとの向きあい方
ノルマ無し求人でもノルマ有り!?求人情報を読み解くコツ
美容クリニックの営業ノルマに関する管理人まとめ
容姿や体型に自信が無いけど大丈夫?
お化粧や身だしなみはどの程度まで気を使う?
年齢が若くなくても転職できる?年齢別攻略法
美容クリニックの求人票に年齢制限がある理由
年齢だけで看護師を不採用にする美容クリニック側の事情
働く看護師は肌が綺麗で端整な顔立ちじゃないとダメ?
美容看護師に向いている人はどんな人?
美容クリニックに転職すると「美力」がアップする?!
美容看護師に求められる『ホスピタリティ』ってナニ?
オペ室/美容未経験・ブランク有り(注射・採血・点滴が苦手)
新卒(臨床経験3ヶ月〜1年未満)でも美容外科・美容皮膚科クリニックで働ける?
美容外科クリニックでオペ室経験を問う理由
子持ちママさんナース・シングルマザーでも働ける?
美容クリニックは【生】にフォーカスする現場
男性看護師でも美容外科や美容皮膚科クリニックで働ける?
美容クリニックにおける男性看護師の仕事内容や役割
美容クリニックの男性看護師求人探しと応募にあたっての心構え
美容クリニックで扱う専門知識はどうやって学ぶの?
身に付くスキルやスキルアップにつながる資格
美容クリニックの看護師研修・委員会・勉強会事情
美容看護師のキャリアアップや将来性は?
美容クリニックでは定年まで働ける?
美容クリニックへの転職後に感じる5つのギャップ
美容看護師の離職率と転職後に後悔・失敗・辞めたいと感じる理由
【浜崎あゆみになりたい…】美容外科/美容皮膚科へのクレーム(1)
【警察を呼ぶ整形依存症患者】美容外科/美容皮膚科へのクレーム(2)
【裁判沙汰になった主婦からのクレーム】美容外科/美容皮膚科へのクレーム(3)
【1mmの誤差も許さない二重手術】美容クリニックに来た困った患者さん(1)
【一般の感覚とズレている芸能人】美容クリニックに来た困った患者さん(2)
【実際に起こったちょっと怖い事件簿】美容クリニックに来た困った患者さん(3)
【繰り返される脂肪吸引】美容クリニックに来た困った患者さん(4)
【遅刻・コスメ持ち帰り・高圧的】美容クリニックに来た困った患者さん(5)
【70代男性が美容医療を希望したワケ】美容クリニックでの心に残る患者さん(1)
【30代男性が刺青(タトゥー)を消したい理由が泣ける】美容クリニックでの心に残る患者さん(2)
【美容クリニックに通う未成年】美容クリニックでの心に残る患者さん(3)