美容外科 美容皮膚科 看護師 ギャップ

MENU

美容クリニックへの転職後によく感じる【5つのギャップ】

美容外科・美容皮膚科クリニックは一般病棟とは全く違う世界です。

 

ある程度イメージして転職する看護師さんも多いと思いますが、イメージと完全に一致していることの方が少ないのが現状だと思います。(私も実際そうでした)

 

さらに、イメージと違うと感じることは、その多くがマイナスの内容です。逆に言うと美容クリニックに対して良いイメージが先行しているとも言えます^^;
ただ、そのマイナスの内容を知ってこそ、本当の意味で美容クリニックを知ることにつながると思いますし、そこからどうするかが大切だと思います。

 

ここでは一般病棟から美容外科や美容皮膚科クリニックに転職した看護師さんがよく感じるギャップを5つにまとめてお伝えしたいと思います。

【1】学校で習っていないことが多く、全くの別世界のように感じる

看護師の世界は看護業務を行うということで、どういった職場で仕事をすることになっても、業務内容は最低限統一されています。それが、転職にあたっての安心感でもあり、看護師が比較的気軽に転職ができる要因の1つになっていると思います。

 

そして、美容外科や美容皮膚科クリニックに転職する際も同じように考えて転職する看護師さんがいます。このケースに関しては早期離職につながり、転職に「失敗」することが多いように思います。

 

美容クリニックの仕事内容は、自由診療の分野なので専門学校などで習うものではありません。看護師として10年のキャリアがあったとしても、全く経験したことがない業務ばかり、というケースも珍しくないのです。

 

美容クリニックの求人で年齢制限を見かけることがあると思いますが、それは初めての業務に慣れるためには今までのキャリアが邪魔をするということがある、という面が年齢制限を設ける理由の1つになっています。

 

美容クリニックで仕事をするにあたっては、医療機関で看護師として仕事をするというよりも「美容サービス業に従事する」という認識ぐらいの方がちょうど良いと思いますよ。

 

【2】裏方的な仕事もあり、華やかな世界ばかりでもない

美容クリニックで仕事を希望する看護師さんは、華やかなイメージを持っていることが私も含めて多いです。やっぱり外から見ると綺麗な女性は多いですし、「美を追求する」というと何となくオシャレでカッコいいイメージがありますよね。

 

しかし、実際には美容クリニックで働く看護師の仕事は裏方的な仕事も多く、華やかな部分だけではありません。それだけであればそれ程の問題ではありませんが、仕事内容自体が元々のイメージと違うとなると、早期退職につながります。

 

また、立ち仕事や、美容外科であればオペの直接関接介助も多く、体力も必要な仕事です。そして、オペ介助に関しても、美容クリニックによってはそれ程多くの種類があるわけではないので、単調な仕事に感じる看護師もいるかもしれません。

 

介助の仕事だけでなく、積極的にお客さんとコミュニケーションをとることで、仕事のやりがいや面白さを見い出していく工夫が必要なのかなと思います。

 

【3】給与が高いと聞いて入職したけど…

給与が高いということを目的として、美容クリニックに転職する看護師さんも多いと思いますが、思った程ではないというギャップを受けることがあります。

 

簡単に言うとインセンティブの部分が大きいため提示されていた金額を満額もらえないケースがあるのです。

 

しかし、給与に幅を持たせていたり、業績給という形にしておけば、美容クリニック側からすると何も問題ありません。業績が悪かったから手当が少ない、それだけになってしまいます。

 

一般企業の営業職であれば当たり前の感覚ですが、看護師からすると初めてなので戸惑いもありますし、クリニック全体の業績に対しての手当というのも感覚が掴みにくいと最初の頃は感じると思います。

 

給与というテーマ的に、面接では自分から直接聞きづらい内容なので、できれば事前に転職コンサルタントに確認してもらうようにしましょう。

 

私がオススメする転職サイトについては美容クリニックの求人探しや転職にオススメのサイトのページで紹介しているので参考にしてみてください。

【4】研修体制充実となっているが、病院のような研修体制ではないことも

美容クリニックで働き始めると、病院の研修体制が充実していることを実感します。

 

美容クリニックの求人には、「未経験でも安心、充実の研修体制」という文言が多いですが、実際には最初の数日だけ教えてもらって後は見よう見まねでとなっている美容クリニックも多いみたいです。

 

そして、もっとひどいクリニックだとプリセプターのように付いてくれる先輩看護師もおらず、自分で聞くしかない環境に身を置くことになります。その結果、誰も教えてくれないと感じることになり、入職前のイメージとのギャップを感じ早期退職につながってしまうのです。

 

ある程度は自主的に学びにいく姿勢が大事ですが、研修体制に関して不安がある看護師さんは、転職サイトのコンサルタントにきちんと情報をもらっておくと転職後のギャップが少なくてすみます。

 

【5】ずっと美容クリニックで働きたいと思って転職したが…

美容クリニックで働く看護師の中には病院や一般のクリニックに戻っていく看護師も一定数はいます。

 

美容クリニックは特殊な分野になっているので、そもそも保険診療を行っている分野の病院やクリニックからはあまり良いイメージを持たれていません。

 

そのため美容クリニックで5年以上勤務すると、保険診療の病院やクリニックから採用されにくくなってしまうように思います。

 

なので、できれば自由診療の美容科目だけでなく、整形外科や形成外科、一般皮膚科といった保険診療科目も並行して扱っているようなクリニックに転職することを私はオススメします。

給与が高くて条件の良い美容クリニックはドコにある?
美容クリニックの魅力は、日勤のみで残業も少なく、それでいて高給与なところ。美容外科や美容皮膚科クリニックに興味がある、条件の良い求人を探そうとしている看護師さんは、「美容クリニックに強い転職サイト」の利用がオススメです♪>>詳しくはコチラ
美容外科/美容皮膚科クリニックで働く看護師の情報を調べている。転職を前提に美容外科/美容皮膚科クリニックの好条件の求人を探している。転職したい美容外科/美容皮膚科クリニックが自分の中ですでに決まっている。

併せて読みたい記事一覧♪

美容外科ってどういうところ?
美容皮膚科ってどういうところ?
美容クリニックで働く看護師の1日の仕事の流れ
美容クリニックで働くスタッフの役割を解説
美容クリニックの福利厚生まとめ【連休・有給・手当・社割】
美容クリニックの看護師に営業ノルマはあるの?
美容クリニックにあるインセンティブって何?
【3つの具体事例】営業ノルマとインセンティブ
美容クリニックの営業ノルマとの向きあい方
ノルマ無し求人でもノルマ有り!?求人情報を読み解くコツ
美容クリニックの営業ノルマに関する管理人まとめ
容姿や体型に自信が無いけど大丈夫?
お化粧や身だしなみはどの程度まで気を使う?
年齢が若くなくても転職できる?年齢別攻略法
美容クリニックの求人票に年齢制限がある理由
年齢だけで看護師を不採用にする美容クリニック側の事情
働く看護師は肌が綺麗で端整な顔立ちじゃないとダメ?
美容看護師に向いている人はどんな人?
美容クリニックに転職すると「美力」がアップする?!
美容看護師に求められる『ホスピタリティ』ってナニ?
オペ室/美容未経験・ブランク有り(注射・採血・点滴が苦手)
新卒(臨床経験3ヶ月〜1年未満)でも美容外科・美容皮膚科クリニックで働ける?
美容外科クリニックでオペ室経験を問う理由
子持ちママさんナース・シングルマザーでも働ける?
美容クリニックは【生】にフォーカスする現場
男性看護師でも美容外科や美容皮膚科クリニックで働ける?
美容クリニックにおける男性看護師の仕事内容や役割
美容クリニックの男性看護師求人探しと応募にあたっての心構え
美容クリニックで扱う専門知識はどうやって学ぶの?
身に付くスキルやスキルアップにつながる資格
美容クリニックの看護師研修・委員会・勉強会事情
美容看護師のキャリアアップや将来性は?
美容クリニックでは定年まで働ける?
美容看護師の離職率と転職後に後悔・失敗・辞めたいと感じる理由
【浜崎あゆみになりたい…】美容外科/美容皮膚科へのクレーム(1)
【警察を呼ぶ整形依存症患者】美容外科/美容皮膚科へのクレーム(2)
【裁判沙汰になった主婦からのクレーム】美容外科/美容皮膚科へのクレーム(3)
【1mmの誤差も許さない二重手術】美容クリニックに来た困った患者さん(1)
【一般の感覚とズレている芸能人】美容クリニックに来た困った患者さん(2)
【実際に起こったちょっと怖い事件簿】美容クリニックに来た困った患者さん(3)
【繰り返される脂肪吸引】美容クリニックに来た困った患者さん(4)
【遅刻・コスメ持ち帰り・高圧的】美容クリニックに来た困った患者さん(5)
【70代男性が美容医療を希望したワケ】美容クリニックでの心に残る患者さん(1)
【30代男性が刺青(タトゥー)を消したい理由が泣ける】美容クリニックでの心に残る患者さん(2)
【美容クリニックに通う未成年】美容クリニックでの心に残る患者さん(3)